プロフィール | 事務所の概要 | ポルカプランズ(旧アトリエぽるか)

ポルカプランズ(旧アトリエぽるか)の代表でもあるデザイナー松田英司の現在に至るまでの仕事遍歴と意気込みをご紹介。小さいコーナーで、当方の年賀状デザイン「干支の漢字シリーズ」もご紹介しています。

  1. デザイン制作に関するお問い合わせ・お見積もりのご依頼
  2. 当WEBサイトの構成ページ一覧

お店や会社の個性がキラキラ光るホームページや印刷物を大阪泉大津(和泉)のデザイナーと一緒に作りませんか?


プロフィール

profile

プロフィール

photo

はじめまして! ポルカプランズ代表の松田英司と申します。
自己紹介させていただきます!
当方の人となりを少しでも感じて頂ければ幸いです。

京都芸術短期大学(現在は京都造形芸術大学に吸収合併)卒業後、デザインの仕事がしたくて就職活動するも制作の仕事には就けず、印刷会社の工務(外部への発注管理部署)からスタートしました。その後、営業となり、主に不動産広告を扱っておりました。

その印刷会社では、不動産業のお客様向けにチラシをマス目に区切って広告枠として販売する、いわば共同広告を埋めることが、ひとつのノルマとして求められました。150件ほどのルートがあったのですが、最初は、右も左もわからず、何をしゃべっていいやらわからずで、お涙頂戴営業(って呼んでました)しかできず、5枠くらいしか集められませんでした。

当時はバブル崩壊の影響で、売れない物件を抱えてこんでしまっている不動産会社さんが多くありました。チラシを打とうにも一社単独では印刷代・折込代と何十万とかかります。10万枚のチラシで1本も反響がないこともあった時代(10万枚で10本反響あれば万々歳でした)、広告を出せる会社さんは限られていました。

その中にあってマス目の面積分だけ広告出稿料を負担すればよい共同広告は、不動産業者さんからすれば打ってつけな存在、のはずで、実際に登場させた当初は満稿続きだった、らしいのですが、私が営業としてまわるころには惨憺たる状況で、チラシの見本をみせるだけで「うわ!それはいらん」と言われたこともありました。

「埋まれへんかったら会社に帰ってくるな」と当時の上司からプレッシャーをかけられつつ、営業先の営業さんが事務所に戻ってくる毎日4、5、6時を勝負の時間と定めて、自費で買ったお煎餅やお菓子を抱えて営業活動していました。なかなか結果には結びつきませんでしたが、次第にお客様から貴重なご意見をいただくことができ、商品の改善に向けて動いていきました。

それまで広告枠販売を優先するがために、所在地がバラバラになってしまっていた不動産物件を、可能な限り配布エリアに集中するように集稿先(営業先)を絞ったり、その地域で競合する不動産チラシを収集して色や表現方法を研究したり、物件写真を撮影しにまわったり(それまでは写真を撮りに行くということはしていなかった)、デザイナーさんに何度もお願いしながらレイアウトをアレンジしたり、後工程の製版部門にも手間のかかる外アミという方法をとってもらったり、と変化させていきました。

ご贔屓にしていただけるお客様が増えてきたのが大きいのですが、それまで3〜4人がかりで一つのチラシ(不動産共同広告)を発行していましたが、6ヶ月後には一人でコンスタントに集稿できるようになっていました。

その広告営業をする中で、とても感動し、印象に残っているのは、5000万円を超える物件が、そのチラシで反響があり、ご契約に結びつけていただけたことです。バブル崩壊後、何年も売れずに残っていた物件が売れた! いろいろご苦労されていることをお聞きしていたので、あまりの感動でお客様の事務所のカーペットの上に大の字に寝転がってなってバンザイしました。

振り返れば、当時のお客様の優しかったこと。今では、ご縁はほとんどなくなってしまいましたが、その頃の出会いと経験は、デザイナーとして広告制作をする上でベースとなっています。広告を通じてお客様と喜びを共有したい思いは、ポリシーの一部になっています。

提案用の資料作りや、デザイナーさんへ指示用の整理原稿などを、自宅のMacで作っていて、デザイナーさんにお渡ししていました。時には作ったレイアウトがそのまま印刷物に反映されることもあり、お客様と打ち合わせして考えるおもしろさを感じていましたが、デザインを専業にする気持ちが高まっていました。そうする中でデザイナーとして働けるチャンスがありましたので、その印刷会社を辞すことにしました。

ある程度はできるハズ、と思っていましたが、デザインの実業務は生やさしいモノではなく、事務所で寝泊まりする日を何度も続け、外注さんに何度も教えてもらいながら、独学でマスターしていきました。

チラシ、パンフ、カタログ、伝票や名刺などの小物類、雑誌、新聞、うちわ、ポケットティッシュ、などなど… 様々なジャンルの印刷物制作や、雑誌の立ち上げから参加させてもらいながら、ホームページの制作を1998年位から開始しました。誌面サイズが最初に決まる印刷物とは勝手が違いましたが、 HTMLタグとスタイルシートを何も見ずに書けるようになった頃から、急速に理解が深まりました。

2003年4月から、それまでの社員契約が切れるのを機に大阪府和泉市の自宅兼事務所にてアトリエぽるかとして活動を開始しました。(2010年9月に大阪府泉大津市に移転致しました)

独立の動機は、制作会社の中に居て、作業の分散はできても、アートディレクションやデザインは一人で完結していたこと。また、完結させたい作業でもあったこと。それに、流れ作業のように、作ってしまってハイおしまい、ではなく、やはりお客様としっかり向き合って、じっくりと要望に応えられるようになりたい、と考えたからです。
以降、メーカー、物品販売、出版、工務店、保険代理店、レジャー、大学、保育園、エステティックサロンなど、様々なジャンルのWEBサイトやECサイトの構築、DTPによる印刷物のデザイン制作をさせていただきながら、現在に至ります。

2016年1月に法人化し、現在はポルカプランズ株式会社として活動しています。

  • DTP(印刷物のデザイン制作)で培った企画力や制作力をWEBに活かせること
  • DTPとWEBの連動を図れること
  • 営業としてお客さんと向き合える時間をもてたこと

それらは、自身の強みだと思っています。

例えば、ご業務の現在・未来のあり方と摺り合わせしながら販売の方向性を考えたり、競合社や業界の動向を探ったり、プレゼン資料や実際の掲載原稿を書いたり、頂いた文字原稿をもとに発想を膨らませつつビジュアル作ったり。
デザイン・広告の側から、集客を中心とした売上の向上と経費の削減─つまり、WEBやDTPの広告コンサルとしてお手伝いをしているのですが、その時々のゴールと意識を共有させて頂きながら、臨機応変、突発的で決まったスタイルがないのが当方の特徴だと思っています。

とにかくも、

  • チラシやホームページを作る前の段階から話しをしたい。
  • 広告を打つのに原稿が必要なのはわかるけど、何を用意したいいか、ポイントがわからない。
  • 不相応なデザインは必要ないけど、自社やお店の雰囲気や良さは伝えたい。けど、どう依頼したらいいかわからない。
  • 依頼するのに質問しなくちゃいけないこともわからない。
  • 話しや投げかけを膨らまして、いい感じに変化させてほしい。

などなど、

広告制作をご依頼される機会が少ない、全く初めての方でも、ターゲットや訴求ポイントの整理、見せ方の提案などの、お客様の広告・宣伝活動全般を、印刷・ホームページのデザイン制作を主体にしてサポートさせていただきます。

とりあえず、(ホームページや印刷物を使って広告や宣伝を)

やってみよー\(^0^)/

と思われたら、
まずは御連絡ください。お役に立てるよう頑張ります!

お問い合わせフォームはこちら

この文章の冒頭の写真も含めて当サイトのアチコチに、見目麗しくないどころか、メタボちっくで見苦しい私が、皆様の前に姿を現すのもどうかとは思いましたが、当サイトが怪しいサイトではないことを、ご訪問された方に分かって頂きたいため、登場させて頂いている次第です。

自分が美しくないなら、せめて
デザインするものは全てカッコよく、美しくありたい!

理想の実現にはまだまだほど遠いですが、意気込みと意欲を持ち続け、
日々精進してまいりたいと思います。

企業宣言(2016.01.04)

企業宣言

これまで大切にしてきたこと、
様々に支えて頂いた方々、お客様に教えて頂いたことを振り返りながら、
これから大切にしたいことを、法人化を記念して文章にまとめたものです。
筆耕と額装は大阪府茨木市の書カシュー様に御願い致しました。
誌面サイズに比べて文字数が多かったのですが、うまくまとめて頂きました。
祝辞や感謝状や挨拶状の筆書きの書カシュー


人と人を繋げる。

情報伝達を通じて、人やモノが持っている可能性を高め
自らと社会に活気と感動を与えよう。

我々とお客様、関わる人々に良いと確信できることを実践し
共感しあえる喜び成長する喜びをこの手に掴もう。

自らの繁栄は先ず他に利益を与えることから始まり
後から自ずと得られるものこそが自らの利益である。

なぜ他でなく自らに託されたかを考え
心の底から湧き出る善なる思いに忠実に従い、留まることなく
「我々だからこそできる何か」を求め、工夫し、提案しよう。

もっと人を繋げよう。
もっと人に喜んでもらおう。
もっと人の徳を積んでいこう。

ポルカプランズ(旧アトリエぽるか)の妙なコダワリしりーず。

お取引先にも送りつけている、我が子達が登場の年賀状「干支の漢字シリーズ」。毎回、我が愛すべきスタッフ(といっても家族ですが)アイデアを出し合って苦しみつつも楽しみながら作っています。結構好評いただき、保育園の先生からは、お父さんパソコン上手やもんね〜 と言われているようです。 年が明けると、来年度に向けて勝手な気負いからくるプレッシャーがのしかかってきます。干支を1周りするのが目標ですが、それまで子達が協力してくれるかは、ナゾです。

ポルカプランズ(旧アトリエぽるか)のプロフィール

大阪府泉大津市/和泉市のホームページ制作 & DTPデザイン事務所 ポルカプランズ(旧アトリエぽるか)です。弥生文化の郷、池上曽根史跡公園近くで今日もせっせと広告を作っています。
ホームページ制作・作成☆DTPデザイン[大阪泉大津/和泉]ポルカプランズ(旧アトリエぽるか)のプロフィール

WEB & DTP

●SOY CMS/SHOPを使ったサイト運営
シンプルで更新しやすい管理画面、思い描いたデザインやレイアウトを優先しやすい直感的な作業性、サイトの成長に伴う変化にも柔軟に対応できる自由度の高いCMS。ポルカプランズは、「SOY CMS/SHOP」を使ったサイト運営をご提案します。
→SOY CMS/SHOP の導入メリット(なぜSOY CMS/SHOP? )
SOY CMS
●印刷物との連動
WEBサイトの運営サポートに加え、印刷物もお任せください。ポルカプランズはホームページ(WEBサイト)制作だけではなく、チラシ・パンフレット・名刺・伝票・フリーペーパー・雑誌誌面など、DTP(デスクトッププリプレス)デザイン制作および、印刷や折込の手配、看板施工の代理発注なども行っております。
※印刷関連業務はポルカプランズとWEBサイト運営サポートご契約のお客様限定でさせて頂いております。
DTPエキスパート

現在、自宅兼事務所で作業を行っており、共通の電話回線を使用しておりますので、お客様の予想をはるかに超える、とびきりアットホームな反応を返してしまう場合もありますが、何卒ご容赦ください。また、よろしければ、お問い合わせフォーム、もしくはメールにてご連絡ください。